木星!表面の様子はどうなっている?

「木星の表面は、どうなっているの?」

木星の表面の様子は、一体どうなっているのでしょうか。

まず、この木星は巨大なガス惑星と呼ばれています。
木星の大半はガスでできています。

中心部のは岩石でできている、というのが一般的ですが・・・。
そのでさえも「ガスでできている」という説もあります。

今回は、そんな木星の表面の様子を見ていこうと思います。

  • 木星の表面の様子は?温度は?
  • 木星の表面は雲!
  • 表面の雲が対流!

という順でサクサクお話します。

木星の表面の様子は?温度は?

「木星の縞(しま)模様って、雲だったの!?」

木星の表面には、特徴的な縞模様がありますね。
茶色っぽい縞模様が印象的です。

その縞模様、じつは木星の表面を覆う雲なんです。

つまり、木星の表面の様子は雲に覆われているという状態なのです。

そのため、私達が木星を地球から観測すると、木星の雲を見ていることに。

アンモニアの雲

地球のは、水でできています。

ところが。木星の場合はアンモニアがメイン成分の雲です。

木星の温度は?

木星の温度は表面で、マイナス108度程度。雲の一番上の温度です。

ちなみに、中心部の温度は約2万度と言われています。

木星の表面は雲!

木星表面の雲は、いくつかの層に分かれています。
上の層から順に、白い雲茶色の雲白い雲という順番になっています。

それぞれの雲の成分は、

  1. アンモニアの氷の雲(白い色)
  2. アンモニア+メタンなどの化合物の雲(茶色)
  3. 水が中心の雲(白い色)

となってます。

上の層はアンモニアが中心の雲で、一番下の雲の層は水が主体になっているのです。

表面の雲が対流!

この木星の雲。

上層部のアンモニアの氷アンモニア+メタン等の化合物の雲とが、上下にグルグルと対流します。

雲が対流!

の雲は、上昇気流で上に浮かんでいきます。

浮かんで冷えたアンモニアは、白い氷になります。
茶色だった雲は、の白い氷の雲に。

上昇して出来あがった白い氷の雲は、次は下降して茶色い雲に戻っていくのです。

対流しない部分もある

木星の雲には、対流していない部分もあります。

その部分にはの白い氷の雲は無いんですね。
の茶色い雲があるだけ。

そのため、木星の表面を観測すると、茶色の雲白い雲混じって見えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA