木+トの漢字!「朴」の読み方はいろいろ

「木との漢字ってどんな読み方なんだろう?」

木+トの漢字、の読み方です。
まず、音読み「ボク」
朝鮮の苗字としては、パクという読み方を使います。

そして訓読みでは、「えのき」「ほお」「ほおのき」と、色々あります。

このという漢字は古代、厚朴という木を表すために作られました。
さらにこのは一語でえのきという木を表す漢字に。

そして、は他の漢字とともに日本にやって来ました。
すると日本では、このほおという木を表す文字として使うようになったのです。

木とトの
この漢字の誕生から日本への渡来の流れを、具体的に見ていきます。

木とトの漢字の読み方!その1「ボク」

木とトの漢字、
読み方で多く使われるのはボクです。

このはかつて、あるモクレン科の樹木に使うため、生まれました。
厚朴(コウボク)という木です。

この木は中国医学に使われる木です。樹皮を薬として使うのです。

ちなみに正式名称は、「Magnolia(モクレン属)officinalis(薬用の)」です。

木とト!朴という漢字

木とトで作られた漢字は、厚朴という樹木を表すために作られました。

樹皮が厚い「厚朴」

厚朴は、樹皮が厚い木です。その厚い樹皮を割り、薬を作り出しました。

それで厚朴には、厚(あつい)という文字が使われました

占いに使う「卜」

次に朴の右側、部分です。

ここまで、はカタカナのを使ってきました。

じつは、朴の右側はうらなうという意味のという字です。
うらなうという読み方をする、占いに関わる文字なのです。

ちなみに、の音読みは「ボク」です。
この割るという意味につながります。

「卜」が「割る」

象形文字を見てみましょう。

この象形文字は、割れ目を表しています。

「卜」で樹皮を割る

亀の甲羅(こうら)を焼き、その割れ方で運勢を占っている様子が表現されています。

これで、厚朴が厚い樹皮を割る木
そして、その樹皮を薬にした、という事にたどり着きました。

木とトの漢字の読み方!その2「えのき」

木とトでできた漢字、は、一語でえのきという木を意味するようになりました。

それは、なぜか。

「えのき」も樹皮を使う

じつはえのき厚朴のように、樹皮を利用できるだったのです。

このえのきの樹皮の用途は厚朴とは違って、にしたり、紙や服の原材料として利用されました。

木陰で休める「えのき」

えのきは日本で、木陰で休める樹木として親しまれました。
枝(え)の木陰で休める木(き)から、えのきという呼び名が生まれたんですよ。

木とトの漢字の読み方!その3「ホオノキ(木)」

木とトの漢字厚朴に使われ、えのきの意味もたずさえて、日本に渡ってきました。

このは、日本でさらに新しい意味を持つ事になりました。
ホオノキ(木)を表す漢字になったのです。

このホオノキは、中国の厚朴と似た、同じモクレン科の樹木です。
日本固有のホオノキに、があてられたのです。

「和厚朴」と「中国の厚朴」

そして日本では、中国の厚朴カラ(唐)ホオノキと区別して呼ばれる様になりました。

また、厚朴という言葉も残っています。

「日本の厚朴」と「中国の厚朴」

中国のカラホオノキで作られた薬は、唐厚朴(からこうぼく)という呼び名になりました。

対して、日本のホオノキで作った薬は、和厚朴(わこうぼく)という呼び名です。

「ほおのき」は「冬芽」

日本固有の樹木、ほおのき

その名のほお冬芽が由来なんですよ。

「冬を越す」ために「ほおむ」

冬芽というのは、冬を越す新芽のことです。
秋に新芽が生まれ、ツボミに包まれて冬を越すのです。

包むほおむと言い表され、新芽をほおむ木ほおのきとなったのです。
冬の間、新芽を守るほおのきの生命力と力強さを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA