木+神の漢字「榊」!読み方は?意味は?

「木と神の漢字・・・。」
「どんな読み方かな?」

がセットになった漢字、榊。
このという漢字は、さかきという読み方です。

さっそく、この榊の意味

  • 榊は境目(さかいめ)の木
  • 榊は日本で作られた漢字
  • 榊は木+神じゃないって本当?
  • 榊(さかき)と姫榊(ひさかき)

といった話題で、サクサク見ていきましょう。

木+神の漢字!榊の意味はコチラ

の漢字、
さかきという読み方でした。

このという漢字は、さかきという樹木を意味します。

榊は10m程度の低木。
関東以南に分布します。

榊の葉は一年中、きれいな緑色なんですよ。

上の画像が榊です。
艶のある緑色の葉っぱで、厚みがありますね。

この榊は、神棚に供えられます。
加えて神事にも使われ、神社の境内に植えられる事もあるのです。

榊は境目の木

「境目(さかいめ)の木?」

という漢字の読み方は、境目が語源になっています。

神様との境目

何との境目かというと・・・。
それは、神様との境目です。

そう言われてみると、榊には神々しい雰囲気が感じられる気がします。

榊は日本で作られた漢字

「榊って漢字、音読みはないの?」

じつは、には音読みがありません
は中国からの渡来ではなく、日本で作られた漢字なのです。

神様にお供えする木

で出来ている訳。
それは、榊が神様にお供えする木だからです。
読み方のさかき神様との境目から来ていますしね。

榊は木+神じゃないって本当?

という漢字は、「木」「示」「申」と書くのが一般的です。
対して、ここまで説明してきたと書いた場合は、異体字(いたいじ)と呼ばれます。

この異体字というのは、書き方が違うというだけです。
どちらで書いても、意味は同じなのです。

榊(さかき)と姫榊(ひさかき)

「榊が自生していない土地では、何をお供えするの?」

は関東以南に自生する木でした。
関東以北には、この榊がありません。
その地域では、神様に姫榊(ひさかき)をお供えします。

小ぶりな姫榊

姫榊(ひさかき)の葉を見てみましょう。

榊の葉と違う点は、姫榊の葉のふちにギザギザがあることです。
そのギザギザは、鋸歯(のこぎりば)と呼ばれます。

小ぶりを姫で表現

また、姫榊の葉は、榊に比べて小ぶりです。

そんな小ぶりな葉を持つ姫榊には、姫という愛らしい漢字が与えられました。
お姫様みたいな姫榊という訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA