木星!風速はどれくらいあるの?

「木星って、風が強いの?」

この記事では、木星の風速についてお話ししていきます。

木星の風は、とても強く吹きます

私たちの星、地球では秒速約17m以上のものを台風と呼びます。
ところが木星の風速は、その17mを簡単に超えてくるのです。

それでは早速、

  • 木星の風速!それは台風以上!
  • 木星の風速が強いワケ

という順で見ていきましょう。

木星の風速!それは台風以上!

木星に吹き荒れる風は、地球の台風以上のものでした。

台風が秒速17m以上のものを指すのに対し、木星の風は秒速50m~150m
平均で秒速100mに達するのです。

ちなみに、台風の風速が最大に記録されたのが、1966年の第2宮古島台風の秒速85.3mです。

木星の風は凄まじいのですね。

木星の風速が生む縞模様とは?

木星の強風は、木星に縞模様(しまもよう)を生み出しています。

木星を観測した時に見える、シマシマの模様。
縞模様は、木星の東西の方向にできています。

その理由は、木星では常に東向きの風西向きの風が吹いているからです。

木星の風は一定方向

私たちの星、地球では風が色々な方向から吹いてきますね。
その結果、色々な形の雲が生み出されます。

対して、木星では風が一定方向
雲も東西方向のシマシマになる訳です。

木星の風の方向

木星の模様は、茶色の雲白い雲が作りだしています。

じつは、その茶色の雲白い雲逆方向に進んでいます

茶色の雲と白い雲

茶色い雲は西に向かって吹く風に乗って西方向に進んでいきます。

そして、白い雲は東に向かって吹く風の力で東に進んでいるのです。

境目の巨大な渦巻き

この東への風西への風の境目には、巨大な渦巻きができます。

その大きな渦(台風)は、大赤斑(だいせきはん)と呼ばれています。

木星の風速が強いワケ

「どうして、木星ではそんなに強い風が吹くの?」

木星では、どうして地球の台風以上の風が吹き荒れているのでしょうか。
それは、木星の自転の速さと関係している様です。

木星の風速と自転

木星に吹く風速が速いのは、木星の自転スピードが速いためでした。

たったの10時間で自転!

木星が自転する時間は、たったの10時間

ちなみに自転とは、星がコマの様にクルクルと回ることです。
地球が24時間かけて自転するのを考えると、とても速いスピードです。

木星は自転の速さナンバー1

木星が自転で1回転する時間は、太陽系の惑星の中で最短時間です。

しかも木星は太陽系の惑星で、一番大きい星
地球の1,300倍の体積を誇ります。

その大きな星が、高速で自転しているのです。

木星の姿を変える強風

強風が木星の姿を刻々と変えていきます。
私たちが観測する木星の姿は、木星の表面の雲ですからね。

木星の雲は強風によって常に形が変わっていきます。

木星を観測した数時間後には、表面の模様(雲の形)が変わっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA