金星の雲!厚さはどれくらい?

明けの明星、金星。キラキラとした輝きを放つ、通称ビーナス

じつは。
私たちが目にしているのは、金星の地表ではありません

金星の輝きは、地表を分厚く包み込むなのです。

この記事では、金星について

  • 金星の雲!厚さは?成分は?
  • 金星の大気が燃やす物

という順で迫りたいと思います。
では、さっそく見ていきましょう。

金星の雲!厚さは?成分は?

もし、金星の地表に降り立ったとしたら。

見上げる金星の空には分厚い雲が、かかっています。
まるで、空に屋根がついている様です。

雲はその分厚さで、太陽の光を遮ります。
そのため地表は薄暗く、そしてオレンジ色に乾いた世界なのです。

金星の雲の厚さ

金星を覆う、全く切れ目のない雲。
この金星の雲の厚さは、60㎞程度です。

金星の雲はとても高い所に存在します。
地表の32~90㎞位の高さです。

高速移動する雲

金星の雲の上部は、猛烈な風を受けて高速移動しています。

西へ吹く風は、なんと秒速100m
この強風は、4日もあれば金星の上空を1周してしまうのです。

金星の雲の成分

金星の雲の成分は硫酸でできています。

高い層の硫酸雲は強風に乗って、超高速で移動しています。

低い層の雲はどんな感じ?

金星の雲の低い層は、色が濃くなっています。
地球と同じですね。

雨を降らせる低い雲はどんよりとして、色が濃くなっています。
密度が高く、硫酸の粒になっているのです。

しかし、地球の雲とは全く違うことがあります。

雨が降らない雲

金星の雲は、地表に雨を降らせません

雨になる寸前まで硫酸の雨粒を形成しても・・・。
その雨粒は、金星の地表に到達できません。

すぐに蒸発

金星の地表の温度が高すぎて、硫酸の雨粒は、すぐに蒸発してしまうのです。

金星の大気が燃やす物

雲の次は、金星の大気についても見てみましょう。

金星の大気は、まるで液体のように濃厚なのです。

金星の大気vs隕石

小さな隕石は、金星の大気をくぐり抜ける前に消滅してしまいます。

濃厚な金星の大気との摩擦は強烈。
小さな隕石は、すぐに燃え尽きてしまうのです。

金星のクレーター

金星のクレーターは、小さいサイズが少ないんです。

分厚い大気でも通り抜けられる、大きな隕石だけが地表に落下。
金星の表面に、大き目のクレーターを残すのです。

金星の大気は地球の100倍!?

金星の大気は、二酸化炭素が主成分です。
二酸化炭素が大気に占める割合は、96.5%

金星は、極めて濃度の高い二酸化炭素の壁で、外の世界から身を守っているのです。

重い大気

重~い金星の大気は、まるで液体。
その流れのパワーは、石をも動かします。

濃度は、地球の大気の100倍の質量があるんですよ。

そのため、金星の地表には90気圧もの重みがかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA