パールネックレス!「大きさ」と「年齢」を比較します

「パールのネックレスの大きさって、どうすればいいの?」

かつては、嫁入り道具でもあったパールのネックレス。
いまでも、一本持っておけばイベント事に便利です。

ここでは、パールのネックレスの大きさについてお話しします。
パールのネックレスの選び方で、大きさは結構なポイントです。

それでは早速、パールネックレスの大きさ年齢について見ていく事にしましょう。

パールネックレスの「大きさ」と「年齢」

パールのネックレスは、年齢によって似合う大きさが変わってきます
年齢を重ねるほどに大きなパールが似合うようになるのです。

パールネックレスの大きさと印象

パールの大きさは、パールネックレスの選び方の大事なポイントになります。
パールネックレスは、大きさで印象が変わってきます。

小粒は「軽やか」な印象

まず、4㎜ほどの小粒なパールは軽やかな印象。
カジュアル感があります。
小粒なので、重ね付けにも適しています。

大粒で「存在感」がアップ

逆に、大きいパールは9㎜を超えてきます。
こちらは印象が重厚で、存在感がアップ
さらに、大人の落ち着いた雰囲気も兼ね備えています。

パールのネックレス!年齢と大きさ

パールネックレスの大きさは、40歳で8㎜
このサイズが基本となります。

この大きさ、年齢が60代なら9㎜の、大きなパールが似合います。
小ぶりなパールでは、存在感がありません。

これが逆に、年齢が20代の場合は7~7.5㎜程度の小さなパールで十分。
大きめのパールをつけると、うるさい感じになります。

体の大きさとパールの大きさ

体の大きさパールの大きさも、比例して考えます。
上で紹介した年齢別のパールの大きさを基準に、0.5㎜ほどの+-をします。

小柄な方は0.5㎜小さいパールが似合います。十分に映えます。
体の大きい方には0.5㎜大きくないと存在感が出てきません。

パールネックレスと冠婚葬祭

パールネックレスと冠婚葬祭のお話です。

まず冠婚葬祭では、控えめなコーディネートが基本です。
主役に近しいほど、控えめに。

ですので、そういったフォーマルな席でのパールのネックレスは若干小粒なものが良いでしょう。

基本が1粒7.5~8㎜程度です。
そこに、上記の年齢体の個性を加味してネックレスを選ぶのが無難です。

パールネックレスと葬儀

パールネックレス、葬儀の場合です。

まず、葬儀でのパールは、で大丈夫です。
目立ちすぎず、派手でない雰囲気ならOKです。

黒いパールは、最近になって流行し始めたものです。
もともとは、葬儀でも白いパールが一般的だったのです。

葬儀では1連のネックレスを

葬儀では1連のネックレスを着用しましょう。
2連、3連のネックレスはNG。

その理由は、悲しいことが2度、3度という事を意味するからです。
さらに2連、3連のネックレスは派手すぎます。

パールのネックレスと結婚式

パールのネックレスは、結婚式でも控えめに。

あくまでも、主役は式の本人2人です。
派手すぎるネックレスは避けましょう。

主役よりも目立ぬようにするのは、卒業式入学式などでも同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA