溶岩ドームと成層火山と楯状火山!でき方の違いと例

「溶岩ドーム?」
「成層火山と楯状火山?」
「どんな風に違うのかな?」

溶岩ドームとは、成層火山とは、楯状火山とは。

それぞれの火山は、どんな

  • でき方
  • 山の形

の特徴を持つものなのか?
代表的な山を例として、サクサク解説します。

この3種類の火山の違いを見ていく時、ポイントとなる事があります。
それは、溶岩の粘り気の差です。

その差が、三者三様のでき方山の形を生み出していたのです。

溶岩ドームと成層火山と楯状火山!でき方は?

溶岩ドーム成層火山楯状火山
これらの火山は、溶岩の粘り気が、明確に違います。

粘り気の強い順に並べると・・・。

  1. 溶岩ドーム(ネバネバ溶岩)
  2. 成層火山(普通)
  3. 楯状火山(サラサラ溶岩)

というランキングになります。

この粘り気の差が、それぞれの火山のでき方に、大きな影響を与えていました。
でき方を溶岩ドームから順に、見ていきましょう。

溶岩ドーム!でき方の特徴は?

粘り気の強い溶岩で作られる、溶岩ドーム

地中の溶岩の塊が、地表や山頂にぽっこりと顔を出す。
それが、溶岩ドームのでき方です。

粘り気が強いため、溶岩が下に流れ出さないのです。

溶岩ドームの例

そんな溶岩ドームの例はコチラです。
山頂に、溶岩ドームがぽっこりと出てきている感じです。

この山は、新潟県の妙高山(みょうこうさん)です。
越後富士と呼ばれています。

山頂に溶岩ドームが現れていますね。

成層火山!でき方の特徴は?

今度は、成層火山のでき方です。
日本の火山の多くを占める、成層火山。

この火山は、溶岩と石が噴火で飛び出して形成されます。

始めは、飛び出した石で山の斜面がゴツゴツしています。
それが、時間と共に雨風でなだらかな傾斜になっていくのです。

成層火山!形の特徴はコチラ

成層火山の例を目で見てみましょう。

北海道の、羊蹄山(ようていざん)です。

山頂に向かう程に急斜面
山のすそ野に向かうとなだらかな斜面ですね。

ちなみに、日本一の高さを誇る富士山も、成層火山になります。

楯状火山!でき方の特徴は?

最後は、楯状火山のでき方の特徴です。

楯状火山の溶岩は、サラサラと流れ出します。
粘り気のない溶岩では、急斜面は作れません。

平べったい形になるんですね。
こんな形です。

この山は、ハワイのマウナケア山です。
楯状火山の代表例で、本当に平べったいですね。

島を作ったマウナケア山

マウナケア山は、でき始めた頃は海の中でした。

海の中で流れ出した溶岩が積み重なり・・・。
ついに!
海面に姿を現しになったのです。
まさに、島全体がマウナケア山

ちなみに、日本には楯状火山は、ほぼ有りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA