「たんかん」の食べ方!どうしたら良いの?

「たんかんの皮、ちょっと剥きにくいなぁ・・・。」

たんかんの食べ方、皮の剥き方が大変ですね。
なにしろ、たんかんは皮は薄く、加えて硬めです。

たんかんは、ぽんかんオレンジの掛け合わせだと言われています。
・・・どちらも、皮を剥くのが大変な果物ですね。

そんなたんかんの簡単な食べ方を見てみましょう。
終盤の、たんかんの漢字桶柑(別名は蜜桶柑)の由来も必見です。

「たんかん」の食べ方はコレ!

たんかんの食べ方

オススメの方法は2つです。
まずカットする、そしてもう1つは半分に割るという食べ方です。

たんかんの食べ方!その1「カットする」

まず、たんかんは皮が薄いうえに、その皮が硬い!
皮を手で剥くのが、ちょっと大変です。

それを解決するたんかんの食べ方、1つ目はカットするです。

皮からカット

たんかんをオレンジと同じ食べ方で、カットしてみましょう。
なにしろ、たんかんの両親の一人がオレンジですからね。

果物ナイフで8分割や4分割がきれいで良いですね。

皮が薄いミニサイズ

みかんと同じように、たんかんもサイズが大きいものは皮が厚く、小さいものは皮が薄めにです。

そのため、小さなたんかんの皮を剥こうとすると・・・。
ぐちゃっとなりがちです。

ですので、小ぶりなものは特にナイフでカットがオススメなのです。

たんかんの食べ方!その2「手で割る」

たんかんの食べ方、二つ目は半分に割るという方法です。
半分に割るのは、外皮ごとです。

まずは穴を開ける

まず、たんかんのお尻の部分にちょっと穴を開けましょう。

その穴を開けた所を突破口にして・・・。
左右にサクッと、気持ち良く2つに割ってしまいます。

そこからさらに4分割に。
あとは、普通に皮が剥けるのです。

「たんかん」の漢字アレコレ

たんかんを漢字で書くと桶柑です。
(おけ)に入れて販売された(柑橘類)という由来です。

さらに、このたんかんには、蜜桶柑という別名もあるんですよ。

柑の由来はどんな事?

この蜜桶柑という別名は、蜜が入った桶が由来となっています。

甘いものが少なかった時代、たんかんは蜜(みつ)の様に甘いと感じられたのでしょう。

「柑」=「みかん」

ちなみに、みかん全体を表します。
実際に、の読み方は「かん」の他に「みかん」とも読みます。

バナナみたいな「たんかん」

また、中国ではたんかんが蕉柑と書かれます。
それは、バナナみたいな甘さの果物という意味なんです。

中国ではバナナの事を甘蕉とか、香蕉と表記します。
そのという漢字を使って蕉柑(バナナ+柑橘類)と表現しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA