バスケのチェンジオブペースとは?やり方はこちら!

「チェンジオブペースってどんなプレー?」

バスケのチェンジオブペースとは、スピードの緩急を使うドリブル技です。
ドリブルで進む速さを一旦緩める、もしくは止まり、意図的にディフェンスに一息つかせます。

ディフェンスが休んだら、その瞬間を見逃さずに抜き去ってしまうのです。

さっそく、そのチェンジオブペースのやり方を具体的に見ていきましょう。

バスケのチェンジオブペース!やり方は?

ディフェンスと一緒に並走していても、抜くことは出来ません。

チェンジオブペースを使って、ディフェンスのマークを外してしまいましょう。

チェンジオブペース!やり方を具体的に

ドリブルで、前方に進んでいる場面から、順番に解説します。

①トリプルで前方へ!

ドリブルで進みます。
できれば、高速ドリブルで。

スピードの緩急が大きいほど、ディフェンスが対応できません。

②ストップ!

ドリブルからの、ストップ!
もしくはスピードダウンします。
そこから、後ろに下がるそぶりを見せても良いでしょう。

目的は、ディフェンスに
「ドリブルを抑えた!」
「勝ったぞ!」
と、思わせる事です。

「よし、休めるぞ。」
と、一息ついてくれたら、しめたもの。

③GO!

ディフェンスの、重心が上がれば、大チャンスです。
ボールを奪いに来るようなら、さらに良し!

自分の体を後ろに下げ(スローダウンし)ながら・・・。
足をギュッと踏みしめましょう
後ろに下がった反動で、一気に前に進めます。

ボールを強くつき出し、最初の一歩目でディフェンスを抜いてしまうのです。

チェンジオブペースの「考え方」

チェンジオブペースのポイントは、相手の重心が浮いたタイミングを見逃さないことです。

相手の重心が浮くように

また、相手の重心が浮くように仕向けましょう。

そのタイミングさえ押さえられれば!
ディフェンスよりもスピードで劣っていても、相手を抜くことが出来るのです。

相手の重心の逆へ!

また、相手の重心がかかっている方向の逆の方向に進めば、相手を簡単に抜くことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA