バスケのインサイドアウト!やり方を解説します

「バスケのインサイドアウトって、どんな技?」

バスケのインサイドアウトとはボールを移すフリをするドリブル技です。

例えば右手ドリブルの時に、左手にボールを移すフリをするのです。
そのおかげでディフェンスの重心を動かせられれば、大成功。

あとは、ディフェンスの重心の逆方向に向かってドリブルするだけ!
ディフェンスを抜き去ることが出来るのです。

では早速、バスケのインサイドアウトのやり方を見ていきましょう。

バスケのインサイドアウト!やり方は?

バスケのインサイドアウトというドリブル技。
このインサイドアウトのやり方は、片手だけで行うという事がポイントになります。

具体的な例でお話します。
右手のインサイドアウトを例にしてお話します。

インサイドアウトのやり方を順番に

インサイドアウトのやり方を、順番に見ていきます。
右手一本でディフェンスを抜き去ってしまいましょう。

①右手から左へ

右手でドリブルしているボールを、左手に移すフリを始めます。
右手のボールを空中で体の左側に向かって、動かし始めます。

②左足も左へ

体の進行方向を、に向けます。
左足も左斜め前に、ふみ出し始めます。

③「ボールの方向」をチェンジ!

右手で持ったボールが空中で、体の中心付近まできたら・・・。
右手をひねってボールの方向をチェンジ!

ボールの進行方向を左から右へと、空中で変えましょう。

④体を左へ

体の進行方向も、左から右に変えます。
この場面のコツは踏ん張りです。

左方向に踏み出していた左足をギュッと踏んばりましょう。
それで、体の進行方向を一瞬で右方向に変えるのです。

⑤ボールを突き出す

右手に持ち続けているボールを、進行方向(右斜め前)に突き出します。

ディフェンスが反応できていなかったら、ボールは出来るだけ前方に突き出します。
ディフェンスを置き去りにするために、一気に前に進むのです。

ちなみに右手から左手に、本当にボールを移すのはクロスオーバーと呼ばれるドリブルです。バスケのドリブル技の基本です。
詳しくは、こちらの記事で解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA