バスケのブロックショット!コツはあるの?

「ブロックショットだっっ!!」

バスケでブロックショット(シュートブロック)を決めると大歓声が!

気持ちいいですね。
味方の応援は一気に盛り上がります。

逆に、ブロックショットされた側には、マイナス感情が強く残ります。
「シュートをブロックされた!」というイメージです。

そのため、次のシュートチャンスでも、プレッシャーがかかります。
ブロックされた相手が見えただけで、シュートのコントロールが乱れることも。

このように、効果抜群のブロックショット
そのコツを解説したいと思います。

バスケのブロックショット!コツはデメリットを知ること

バスケのブロックショットのコツは、まず、そのメリットとデメリットを頭に入れておく事です。

まずメリットは、シュートをブロックして得点されない事
さらに、先述のように、相手にマイナスのイメージを植え付けられる事

逆にデメリットは、ブロックショットは反則になり易いという事です。

ブロックショットは冷静に

「絶対に止めてやるぞ!!」という気持ちにまかせて突っ込んでいくと・・・。

ブロックショットの動きが過剰に大きくなり、オフェンスに接触。
ファールトラブルになります。

熱い気持ちも大事、そして「熱くなりすぎるな」という自制心も大事なのです。

バスケのブロックショットのコツ!具体的には?

バスケのブロックショットが、反則にならずに成功するコツを解説します。

ブロックショットはシュートを打つ感じで!

ブロックショットのイメージは「シュートを叩き落とす」かもしれません。
ズバン!と、派手な感じのブロックです。

チームを盛り上げるために意識して、身長差がある相手に派手なブロックショットする、なら良いでしょう。

しかし、そんな時でも近い位置での派手なブロックショットは、ファールになりがちです。
大きなアクションで叩き落として良いのは、シューターとの距離が離れている時だけなのです。

斜めの腕はNG

また、ブロックショットの腕が斜めになっているほどファウルのリスクが上がります

斜めの腕は、相手に接触しやすいのです

シュートを打つイメージで

自分がシュートを打つイメージで、ブロックショットに飛びましょう。
ボールに向けて腕をあてがう感じにすれば、ファウルになりません。

ブロックショットの元々の目的は、相手の得点を防ぐという事です。
その目的は、シュートされたボールに触れば達成されるのです。

飛ばないでブロックショット!?

オフェンスがジャンプする前にも、ブロックショットの効果を得るコツがあります。

そのタイミングは、相手がシュートを打つためにボールを両手で持った瞬間です。
そこで、ボールをカットしてしまいましょう。

シュートをする時は、ジャンプします。
その時、一瞬身をかがめるタイミングが狙い目です。

下からボールをはじく

ポンっとはじく程度に、下からボールに触れましょう
上から叩いた場合、押さえ付けている感じになって、ファールになり易いからです。

この技で、身長の高いプレーヤーのシュートも阻止!
「してやったり」の満足感を得られます。

ブロックショットのコツ!ランニングシュートの場合

ランニングシュートのブロックショットは、ファールになりやすいです。
お互いの動きが大きい中で、ブロックするからです。

しかし、ランニングシュートをブロックショットするコツがあるのです。

先に飛んでブロック!

ランニングシュートに対して、先に飛んでしまいましょう
ゴール側から回り込んでジャンプして、空中で待ち構えるイメージです。

ファールを避けるために、相手に近い側の手をシュートブロックに使いましょう。
逆に、相手から遠い腕でブロックすると、体が接触しやすいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA