バスケのダブルチーム!練習はこちら

「バスケのダブルチームって・・・。」
「やり方はどんな感じ?」

バスケのダブルチームとは、2人のディフェンスでドリブルする選手を囲むという作戦です。
2人でプレッシャーをかけ、ボールを奪ってしまいましょう。

このダブルチームの練習は、3対3や、5対5の中で行っていくのが効果的です。

それでは早速、バスケのダブルチームについて見ていきましょう。

練習でライン際に追い込もう!
ダブルチームを仕掛けるタイミングは?
といった話題です。

最後の章の、
相手の攻撃を逆利用する!?
というお話も見逃せません。

バスケのダブルチーム!練習でライン際に追い込もう

バスケのダブルチームは、練習の時からドリブラーを追い込んでいきましょう。

追い込む場所は、ライン際です。

バスケのダブルチーム!練習の例

ダブルチームの練習の例を見てみましょう。
ディフェンスの選手はAとB、そしてオフェンスの選手はCです。

①C選手をサイドライン際に

ドリブルしているC選手の進行方向を、ディフェンスのA選手が追い込みます。

A選手はコートの内側にいて、ボールを運びのC選手をサイドライン際に導くのです。

②B選手が加わる

ライン際で、センターラインを超えたらチャンス!

センターラインを越えた瞬間、ディフェンスのA選手にB選手が加わります

③2人でダブルチーム!

ボール運びのC選手を、A選手とB選手とで囲みます。
この時、センターラインを超えたC選手はバックコートに戻れませんね。

つまりC選手は、ディフェンスのA選手とB選手、そしてセンターライン、さらにサイドラインにまで囲まれているのです。

ドリブルを止めよう

C選手は完全に囲まれ、大きなプレッシャーがかかっています。

ドリブルが止まり、パスをしようとしたらスチールの大チャンスです。

声を出そう

このダブルチームを実践する時、声を出すのも忘れてはいけません。

ディフェンスが声を出すことで、ボールマンには、もっと大きなプレッシャーが加わるのです。

ダブルチームを仕掛けるタイミングは?

ダブルチームを仕掛けるタイミングは、相手のドリブルが止まった時です。
ボールマンの、攻撃手段が限定されるからです。

オフェンスとしては、パスとシュート、この2つしかないのです。

タイミングを逃さない

そのタイミングを逃さずに、ダブルチームを仕掛けましょう

ドリブルが止まっているので、ディフェンス側は抜かれるリスクもなくなっています。

バスケのダブルチームのコツ!相手の攻撃を逆利用する

バスケのダブルチームには、相手の攻撃を利用するというコツがあります。
それは、相手がスクリーンをかけてきた場面です。

相手のスクリーンを逆に利用して、ダブルチームでボールを取りに行くのです。

スクリーンとは、オフェンスの技術です。味方選手に付いているディフェンスの進路を、自分の体を壁にして止めしまいます。

相手がスクリーン!そこを狙ってダブルチーム!

ディフェンスの選手はAとB、そしてオフェンスの選手はCとDです。

①D選手がスクリーンに来た!

ドリブルしているC選手をマークするのは、ディフェンスのA選手

そこに、オフェンスのD選手がスクリーンを仕掛けます。
ディフェンスのA選手の進路をふさぎに来たのです。

②スクリーンに気付くA選手

この場面で、D選手のディフェンスのB選手は「スクリーンだ!」と、声をかけましょう。

味方ディフェンスのA選手に、スクリーンを教えるのです。

③2人でダブルチーム!

A選手は、スクリーンをかわします。
A選手は、近くにいる味方のB選手とでダブルチーム

ドリブルするオフェンスのC選手のボールを、逆に奪いに行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA