LSDの効果は?マラソンにはコレ!

「LSDトレーニングって、なに?」

LSDとは、

  • 長い距離を
  • 長い時間かけて
  • ゆ~っくりと

走るトレーニングです。
ロング・スロー・ディスタンスの略で、LSDと呼ばれているのです。

さて、このLSDの効果。
マラソンランナーの走力によって違ってきます。

ここでは、LSDの効果

  • 初級者
  • 中級者以上

のランナーに分けて、解説します。

初級者とは、フルマラソンを5時間以内で完走することを目標にするランナーとしてお話します。

LSDのゆっくりは、ジョギングよりも遅いペースです。
ザックリと、1kmあたり7~9分程度。

ランニング仲間と、楽に会話ができるスピードです。
走る時間でいえば、短くても60分間以上のランニングになります。

LSDの効果!マラソン初心者にはどうなの?

まず、マラソン初級者にとってのLSDの効果です。
マラソン初級者の、サブ5(マラソンを5時間以内で完走)を目指すランナーは、まだ体力が不完全です。

そういったランナーにとってのLSDの効果は、

  • 自信がつく
  • ケガの防止

という事があげられます。

LSDの効果は「自信がつく」

まず、マラソン初級者へのLSD効果は、自信がつくです。
それは、「自分は、長〜い距離を走れるんだ!」という自信です。

まずは5km!

初めは2kmでも走った事が無いかもしれません。
ところが、体に無理をさせずにランニングを続けていると、いつの間にか5kmを走れるように!

5km走ることができれば、しめたもの。
あとは、自然に10km、20kmと走れる距離が伸びていくのです。

LSD効果の「自信」は色々

マラソンの完走を目指すなかでも、初めはランニングのなかに歩きを混ぜるくらいでOKです。
苦しくランニングする必要はありません。

いつの間にか、
「あれ?こんなに走れるぞ!」
「LSDだって、出来るんだ!」
と、自信がついてきます。

体にも、変化が起きます。

  • 基礎代謝のアップ
  • バランス良く筋肉がつく

という変化で、美しい体型もゲット!
そんな自信を得られるのも、LSDの効果です。

LSDの効果で「ケガの防止」

マラソンランナーにとってのLSDの効果は、ケガの防止という点もあります。

脂肪が減る

LSDが走れるレベルになりと、脂肪がそぎ落とされた体になっています。
余分な体重が減ると、足への負担が軽くなり、ケガのリスクも減るのです。

遅筋が強化

また、LSDトレーニングで強化されていくのが、筋トレでは鍛えにくい遅筋です。
持久力のある筋肉ですね。

この筋肉も足を守り、ケガの防止につながります。LSDの効果ですね。

LSDの効果!「マラソン中級者以上」へのメリットは?

今度は、マラソンの中級者以上が得られる、LSDの効果です。

マラソン中級者とは、マラソンを4時間以内で走る能力を持ったサブ4と呼ばれるランナーのレベルです。
このレベルになると、LSDの効果で心肺機能がアップしていきます。

LSDの効果で「心肺機能がアップ!」

心肺機能のアップは2種類です。

まず一つ目の効果。
心臓の1回の心拍で送られる酸素の量が増えます。
これで、マラソンを走るために使える酸素の量が増えました。

2つ目の効果は、毛細血管の発達です。
発達した毛細血管により、体の隅々にまでエネルギーを送り届けることが可能に。

LSDの効果で疲労回復!

さらに、体のすみずみの疲労物質も毛細血管で回収!
「疲れているな・・・。」という時にLSDを行うと、その疲労も回復する効果まで現れるのです。

このLSD効果は、トレーニング中に大いに役立ちます。
酸素供給量が増え、毛細血管が発達した体は、疲労回復のスピードが早まるのです。

LSDで注意することは?

LSDトレーニングでは、スピードの出し過ぎに注意です。

マラソンの練習で体力が充実すると、気持ちよく走れるスピードが上がってきます。
すると、「スピードを出したい!」そんな誘惑に、釣られがちに。

どんどんとペースを上げてしまったり、周りのランナーを追い越したくなる時も。

ですが、そこは我慢です。
「まだまだ早く走れる!」という余裕があるならば、その分でLSDをより長く走りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA