バックロールターン!やり方のコツを解説します

「バックロールターンって、どんな風にすればいいの?」

バスケのドリブルの技、バックロールターン。
これは体を360°くるっと一回転させて、ディフェンスを抜き去る技です。

ここでは、このバックロールターンのやり方のコツを解説します。
では早速、詳しくお話しします。

バックロールターン!やり方のコツ

バスケのバックロールターンのコツを、具体的に見ていきましょう。
左手ドリブルからのやり方を、例として取り上げます。

そのコツは、

  • 回転をコンパクトに
  • 先行して「顔」を前に向ける
  • 左足を一気に前方へ
  • 重心を低く保つ

というものです。

バックロールターン!やり方の例

左手ドリブルからの、バックロールターンのやり方を見ていきましょう。

①右足を軸にして回転!

まず左手でドリブルをしながら、右足を軽く踏み出します。
その右足を軸足にして、反時計回りで体を回転させ始めましょう。

ここで回転をコンパクトにしよう、という意識を持つのがバックロールターン成功のコツです。
そのために、左手のボールは体に引き寄せておきましょう。

②左足を引き寄せる

体が180度回転したら、今度は左足を体の近くまで引き寄せます。
これも、コンパクトな回転のためです。

左足が大きく外に開いていると、回転が遅くなってしまうんですね。
この状態でも、まだボールは左手で持っています。

③先行して「顔」を前に向ける

ここで、バックロールターン成功のコツの2つ目です。

180度回転して、体は後を向いていますが・・・。
顔を先行して前に向かせます。
顔が進行方向を向くと、前方の状況がチェックできるのです。

「自分のマークマンはどうしている?」
「コートの状況はどうなっている?」
と、前方の情報収集を行います。

それが分かることによって、次の動きがスムーズになり、体のバランスも取りやすくなります。
左手のボールは、体が前を向く頃に空中で右手に持ち替えます。

④左足を一気に前方へ!

バックロールターンのやり方のコツ、3つ目です。
それは、体が前を向いら左足を一気に前方へ出すという事です。

コンパクトに素早く回転した勢いを、そのまま左足に乗せてしまいましょう。
左足を前に出しながら、一緒に重心も一気に前方へ。

右手に持ったボールも、強く前方に突き出しましょう。
そのまま、高速ドリブルのスタートです。

バックロールターンを使う場面は?

「バックロールターンって・・・。」
「どんな場面で使えばいいの?」

バックロールターンを使うのは、こんな場面です。

まず、ディフェンスがボールを奪いにきた時。
さらに、自分のドリブルのラインを、ディフェンスが完全に塞いでいる時です。

そんな時に、バックロールで体を360度回転!
相手ディフェンスを抜き去ってしまいます。

重心を低く保つ

バックロールターンのやり方のコツ、まだありました。
それは、体を回転させている時に、腰の高さ低く保つという事です。

また、体の回転中に重心が上下するとスピードが遅くなってしまいます。
重心は、低い高さで安定させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA