バスケ!オフボール時のディフェンスの動き方は?

「ボールを持っていない相手・・・。」
「そんな相手も、ディフェンスするの?」

バスケのディフェンス。
その相手は、ボール保持者だけではありません。

ボールを持っていない、オフボールの選手に対しても、ディフェンスが必要なのです。

その理由は、自分のマークする相手が有利な状態でボールを持のを防ぐためです。

オフボールのディフェンスの動き方は、2種類に分けられます。
その2種類はまず、1パス圏内の選手へのディフェンス。
もう一つは、ボールから遠いの選手に対するものです。

では早速、その動き方守備位置などを見ていきましょう。

バスケのオフボールディフェンスの動き方!その1

バスケのゲームの、ボールを持っていない選手へのオフボールディフェンス
まず、1パス圏内の選手へのオフボールディフェンスを解説します。

1パス圏内とは、一度のパスでボールをもらえる選手の事です。
ボール保持者からの距離が近い選手ですね。

まずパスコースを遮断!

1パス圏内の選手には、ボールを渡さない様にします。

パスコースに体を半分入れ、パスコースを遮断しましょう。
実際の、動き方を説明します。

①1パス圏内の選手に向き合う

自分の体を、1パス圏内の自分がマークする選手に向けます。
ボールを持っている選手には、背中を向ける事になります。

②2人の動きを把握する

ボールマン自分がマークする選手、両方に視線を送ります。
2人の動きを把握するのです。

③パスコースに体を入れる

パスコースに片手と片足を入れます。
プレッシャーをかけ、パスが出せない守備位置です。

④バールに手のひらを向ける

パスコースに出した片手は、手のひらをボールに向けます。
ボール保持者からのパスが飛んできた時、手のひらがボールに向いていれば、即座に反応できますね。

前のめりに気をつけて

この時、前のめりの体勢にならない様に注意しましょう。

「パスコースを消すんだ!!!」と、勢いがつきすぎると、体の重心が前のめりになりがちです。

重心が前のめりになると、背中側(=ゴール方向)へのアタックには対応できません。
ゴールに向かいにくい姿勢では、得点を奪われてしまいますね。

バスケのオフボールディフェンスの動き方!その2

今度は、ボールから遠い選手のオフボールディフェンスの動き方です。
この場合の守備位置は、ディフェンスする相手との距離を広くとります。

オフボールディフェンスの守備位置

「広くって、どれくらい?」
この時の適正な守備位置は、ディフェンスする選手にパスが届くまでに戻れる場所です。

自分のマークマンに、フリーでボールを持たせなければ良い訳です。

この守備位置であれば、

  • パスコースをふさぐ
  • 味方選手のヘルプ

という両方が可能になるのです。

少し引っ込んだ場所に

ボール保持者自分のマークマンをむすんだラインよりも、少しゴール側に引っ込んだ場所に、位置取りましょう。

その守備位置であれば、マークマンがゴール付近に切れ込んで行っても、対応できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA