バスケのシュート!回転はどうするの?

「バスケのシュートって・・・。」
「回転は、どんな感じかな?」

バスケのシュート。

このシュートボールの回転で、意識する事はあるのでしょうか。
それは、ボールにバックスピンをかけることです。

それでは早速、このバックスピンのかけ方から見ていきましょう。
後半では、シュートに回転をかけるメリットを解説します。

バスケのシュート!回転はバックスピン

バスケでシュートを打つ時。
リリースするボールにかける回転は、バックスピンです。

「バックスピンって、どんな回転?」

バックスピン逆回転です。
バックスピンをかけた時の回転は、空中のボールが、自分に向かって転がってくる向きです。

シュートの回転!かけ方は?

バックスピンのかけ方を、具体的に見ていきましょう。

右手でのシュートを例にします。

右の手のひらにボールをセットしたら・・・。
シュートを打つ動作の中で、手のひらの上のボールを、指先まで転がしていきます。

この転がる回転を止めず、ボールを離す時に手のひらを返してバックスピンをかけましょう。

バスケのシュート!回転をかけるメリットは?

「バスケのシュートって、バックスピンをかけるんだね。」
「でも・・・、どうして回転をかけるの?」

バスケのシュートに回転をかけるメリットは、2つあります。

まず、軌道の安定
そして、衝撃の吸収です。

シュートの軌道を安定させよう

シュートしたボールの回転は、軌道の安定につながります。

「回転しなかったら、どうなるの?」

軌道が安定しない例で、分かりやすい事があります。
それは、サッカーの無回転シュート

この無回転のボールはゆらゆらと揺れながら進みます

ボールが逃げていく!

無回転のボールは、キーパーの手からが逃げていきます。

それがバスケのシュートだったらどうでしょうか。
無回転シュートでは、ボールがゴールから逃げてしまう事に。

衝撃を吸収させよう

逆回転をかけてシュートしたボールには、リングに弾かれ(はじかれ)にくいというメリットが生まれます。

ボールが真上に低く上がる

逆回転のボールがリングに当たると、その回転によって衝撃が吸収されます。

リングに弾かれず、ボールは真上に低く上がるんですよ。
小さなバウンドであれば、シュートが入る可能性がアップするのです。

順回転ならどうなるの?

この衝撃の吸収は、逆回転の場合だけです。

順回転の場合は、ボールがバックボードに強く当たって弾かれます。
順回転は、ボールが前に進む力を加速させてしまうのです。

もちろん、シュートは入りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA