バスケのシュート!そのフォームはこちら

「バスケのシュート・・・。」
「フォームは、どんな感じ?」

バスケのシュートのフォームについて解説します。

初めのうちは、体がガチガチなフォームになると思います。
リラックスしてシュートが打てない状態です。

そこで意識するのが、体を1本のバネとして考える事です。
実際に見ていきましょう。

  • 無駄な力を使わずに
  • 脇を閉めて
  • 両手の役割は?

という話題でお話します。

バスケのシュートのフォーム!無駄な力を使わずに

「体を1本のバネに?」

バスケのシュートのフォーム。

無駄な力を使わずに、ボールをゴールまで運ぶために・・・。
自分の体を1本のバネにする、というイメージを持ちましょう。

シュートのフォーム!ポイントを4つ

体が1本のバネになれば、シュートボールはリングまで真っすぐに飛んでいきます

では、どうやったら体が1本のバネになるのか?
そのポイントを4つ見ていきます。

両足の開きは肩幅に

両足の開きが肩幅以上だとボールが上に飛びにくくなります。

逆に両足の開きが肩幅以下だと、体が左右にぶれてしまうのです。

ヒザをバネにする

ヒザを軽く曲げて、ボールを飛ばすバネにしましょう。

利き手側の足と肩を前に!

右利きの場合、右足と右肩を少し前に出しましょう。

これをしないと、体がねじれてしまい易いのです。

背中を丸めるな!

背中を丸めずに、体をまっすぐなバネにしましょう。

背中は丸めませんが、ボールの軌道は円を描く感じです。
円を描くボールは、上からリングを通過するのです。

逆に、直線的ばシュートだと・・・。
ボールはリングの横に当たり、弾かれてしまいます。

バスケのシュートのフォーム!脇を閉めて

「脇を閉めるって?」

バスケのシュートのフォームでは、脇を閉めるのも重要です。

脇を閉める!すると1本のバネになる

脇を閉めるのも、先述の体を1本のバネにするためです。
脇を閉めずにヒジが出っ張っていると、シュートがまっすぐに飛びません。

脇を閉め、一本のバネになる体の部分を、上のから順に見てみましょう。

  • ヒジ
  • ヒザ
  • 足首

という部分ですね。

おでこからシュート!

シュートを打つ時のボールのセットはおでこの辺り。

ここで、ヒジを開かずに脇を閉めるんですね。
肩幅よりも少し狭く、ヒジを閉めている体勢です。

苦しいのは初めだけ

脇を閉めるフォームは、初心者には「く、苦しい・・・!」「絶対、無理~っっ!!」という苦しい体勢だと思います。

ですが、それは初めだけ。
慣れてくると、脇を閉めないフォームではシュートが打てなくなりますよ。

バスケのシュートのフォーム!両手の役割は?

バスケのシュートの、フォーム。

ボールの持ち方です。
左右の手、それぞれの役割を解説します。

両手の役割!その具体例は?

右手でシュートを打つ場合を、例にします。

ボールを持つ役割は右手ですね。
この時、右手首の付け根ボールに触れないのです。

付け根を含めた手のひら全体でボールを持つと、ボールがコントロールできないのです。

ボールを持つのは、指の付け根が良いでしょう。

左手はそえる

左手の役割は、ボールを安定させること。

バランスを保ち、手の中でボールが遊んでしまわない様にします。
左手はそえるだけで、一切動かしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA