オフェンスリバウンド!コツはこの2つ

「バスケのオフェンスリバウンド、コツはどんなこと?」

バスケの試合でのオフェンスリバウンドは、非常に高い価値を持っています。

オフェンスリバウンドの価値は、4点分!と言われることがあります。

なにしろ、オフェンス側がリバウンドの奪取に成功すれば・・・。
もう一度、攻撃の権利をゲット!

逆に、リバウンドを取られたディフェンス側は、オフェンスができません。
得点を入れるチャンスを失うのです。

オフェンスとディフェンスの立場がひっくり返る訳です。

この記事では、そんな価値あるオフェンスリバウンドのコツを紹介します。

そのコツは、

  • 走り込むリバウンド
  • 体を回転させる

という2つのリバウンド技術です。

オフェンスリバウンドのコツ!走り込むリバウンド

まず、走り込むリバウンドの解説です。

これは、アウトサイドから走り込むオフェンスリバウンドです。
走り込んで、そのままジャンプするリバウンドですね。

走り込むオフェンスリバウンドのコツ

走り込むオフェンスリバウンドのコツは、パスをもらう動きをすることです。

シュートのモーションに入っている味方から、アシストパスを貰うつもりでゴールに切り込んで行きましょう。

この動きをされると、相手チームは嫌がります。

ディフェンス側の仕事が2つに

アシストパスをもらえるタイミングで切れ込んでいけば、ディフェンス側には2つの仕事が発生します。

1つ目の仕事は、シュートを防ぐということ。
そこに、アシストさせないという2つ目の仕事も加わるのです。

ここにもオフェンスリバウンドの価値が

リバウンドに飛びこむ選手がいる事で、シューターへのディフェンスが弱まります

それは、味方のシュートが決まる確率がアップすることを意味します。

リバウンドに飛びこむ姿勢を見せるだけでも、オフェンスリバウンドの価値がある訳です。

走った勢いを利用してジャンプ

もちろん、味方のシュートが外れた場合も、走った勢いを利用して、思う存分ジャンプ!

高い位置でリバウンドを奪い取りましょう。

コートを見渡せ!

オフェンスリバウンドに走り込みながら、コート全体を見渡しましょう。
コート全体が見えれば、フリーの選手が見つかります。

リバウンドに走り込み、フリーの味方にボールを弾いてあげましょう
それは、フリーでシュートを打てるチャンス作りです。

もちろん、リバウンドした本人がシュートに行けるようならば、しっかりシュートを決めましょう。

オフェンスリバウンドのコツ!体を回転させる

もう1つの、オフェンスリバウンドのコツを見てみましょう。

それは、インサイドでのオフェンスリバウンドです。

体を回転させて壁を突破!

味方のシュート時、インサイドにいたら。
その場合は、相手ディフェンスにスクリーンアウトされていると思います。

相手の体をにされて、身動きが取れなくなっているハズです。

そんな状況でも、オフェンスリバウンドを奪うコツがあります。
それは、相手にくっ付けた自分の体を回転させるという技術です。

具体的に見てみる

自分が右サイドにいるという例で見てみましょう。

  1. 相手ディフェンスに自分の背中をくっ付ける
  2. 右にフェイク!
    右(フリースロー側)に回るぞ、とフェイクを入れてから左に回転。
    体をエンドラインが見える方向に回転させます。
  3. 左足を差し込む
    相手の体の前に、自分の左足を差し込みます。
  4. さらに体を左に回転!
    さらに体を左に回転させます。
    回転が終わって、自分がゴール方向を向くと・・・。
    自分の体が相手の体の前に。
  5. 逆にスクリーンアウトしてしまう
    体が、ディフェンスの前(ゴール側)に入れ替わりました。

そこで一息つかず、今度は相手にスクリーンアウトしまいましょう。
あとは、自分の前にリバウンドが落ちてくるのを待つだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA