バスケのフォワード!動き方はコチラ

「バスケのフォワードって、1人じゃないんだ!?」

バスケのフォワードには、2つのポジションが存在します。

まず、スモールフォワード
このポジションはチームの花形プレイヤー。点取り屋としての動き方が求められます。

そしてもう一つのポジションはパワーフォワード
こちらは、インサイド中心の動き方をします。

この記事では、これら2人のフォワード
動き方と役割
について、それぞれ解説していきます。

バスケのフォワードの動き方!スモールフォワードの場合

バスケのフォワードの動き方。

まずはスモールフォワードから始めます。
スモールフォワードの基本ポジションは、ゴールから斜め45度のあたり。

スモールフォワードは点取り屋ですので、常にゴールを狙う動き方が求められます。

スモールフォワードの動き方と役割

チームのエースの役割をもつ、スモールフォワード。
点を取るために、シュートが打てる場所でボールをもらう動き方をします。

ぼんやりとした気持ちでパスを受けても、相手のハードチェックに負けてしまいます。

点を取る!

相手も点取り屋に対する、気合のディフェンスをしてきます。

その厳しいマークをかいくぐる為、味方の体を壁(スクリーン)として使いましょう。
マークを外し、自分のディフェンスを置き去りにするのです。

そうすればシュート圏内でフリーになり、パスをもらえます。
優位に立ったオフェンスが仕掛けられますね。

このような動き方ができれば、自分のチームは勝利に大きく近づきます。

スモールフォワードの役割!オールラウンダー

バスケのスモールフォワードの役割は、オールラウンダーとしての動き方も必要です。

例えば、

  • 速攻
    走力が必要
  • アウトサイドのシュート
    シュート力
  • インサイドへの切込み
    シュートorアシストパス
  • インサイドプレー
    強い体力
  • リバウンド
    強いジャンプ

といった感じです。

アウトサイドでもインサイドでも、強く機敏な動き方をするのです。
もちろん、点を取るためのシュート力も必要です。

スモールフォワードに必要なシュート練習

点を取るために、スモールフォワードはシュートの練習を地道に行いましょう。

点取り屋の使命

ハードチェックにあっても、点取り屋は自力で得点できるスキルが必要です。

特に、試合のターニングポイントとなる場面。
そこでは、エースが力ずくでも得点して試合の流れを引き寄せるのです。

味方にも得点させる

シュート力がアップすると、自分以外の選手にも得点させることが可能になります。

シュート力があるプレイヤーにボールが渡れば・・・。
ディフェンス側は、その選手を重点的に守ります。

すると、味方チームはフリーの選手を作りやすくなるんですね。
そこにも、得点のチャンスが生まれるのです。

次はパワーフォワードです!

バスケのフォワード動き方。
スモールフォワードの次は、パワーフォワードです。

パワーフォワードは、まさにパワーが必要なポジションです。
このポジションには熱い心が求められます。

バスケのフォワードの動き方!パワーフォワードの場合

バスケのパワーフォワード

プレーするポジションは、インサイドが多くなります。
ミドルレンジから、ぐいぐいと相手をパワーで押し込みます。

パワーフォワードの動き方

強靭な体力が求められる、パワーフォワード。

インサイドでも、当たり負けしない動き方ができないといけません。
走れる体の上に、筋力トレーニングも重要な練習になります。

「勝ってやる!」という情熱

パワーフォワードには、「勝ってやる!」という情熱が求められます。

特にゴール下は、押し合い&へし合いです。
気持ちで負けているようでは、リバウンドを奪うのが難しくなります。

パワーフォワードの役割

バスケのゲームのなかで、パワーフォワードにはセンターと同じ役割が求められます。

インサイドプレー、そしてリバウンドとるという役割です。
リバウンドを取るために、ブロックアウトという技術があります。

ブロックアウトとは

このブロックアウトは、自分の体を壁として使います。
ブロックアウトして、相手オフェンスのゴール下への侵入を阻止するのです。

完璧にブロックアウトできると、ジャンプ無しでリバウンドが取れることが。

強いリバウンドで安心感を

リバウンドの強いインサイドプレイヤーは、味方のシュート決定率を上げる力を持っています。

それは、シュートするプレイヤーに「外しても、リバウンドを取ってくれる」という安心感を与えられるからです。

そんな信頼を得られれば、チームがうまく機能する様になります。

パワーフォワードとスモールフォワードの動き方

パワーフォワードスモールフォワードの、協力した動きで、点を取ることが可能です。

2人でスクリーンをかけ合うプレーが有効です。
自分の体をとして、味方選手のディフェンスの進行方向を遮る、スクリーン

スクリーンでフリーにする

スクリーンを使って点取り屋のスモールフォワードをフリーに。

逆に、インサイドで強みを発揮するパワーフォワードで点を取りにいっても良いでしょう。

勝負するスペースを確保

フォワードの2人のスクリーンプレーが出来るスペースを確保しましょう。

敵と味方が密集したスペースでは、2人のスクリーンプレーが、潰されてしまいます。

片方のサイドで2対2を

他の3人のプレイヤーは、左右どちらかのサイドに集まります。

そうすると、逆のサイドでフォワード同士で2対2をするスペースが生まれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA