ランニングの服装は?初心者にも簡単にお話します

「ランニングをするぞ!」

一念発起。
ランニングを始めるにあたっての、服装についてお話します。

初心者必見の話題をランニングウェアウインドブレーカーそしてキャップなどについて解説!

服装のポイントは、ランニングする体に負荷がかからない様にするという事です。
では早速、ランニングウエアについて。

ランニングの服装は?初心者が気をつけるポイント

ランニングの服装について。

初心者が気をつけるポイントを、ランニングウェアから見ていきましょう。

ランニングの服装!早く乾くウエアを

ランニングをすると、汗をかきますね。

その汗をウエアが吸い込んだままだと、そのランニングウエアは重〜くなってしまいます。

吸湿力と速乾力!

汗まみれの重い服装では、まともなランニングはできません。

ですので、汗を吸い取る機能(吸湿力)が高く、早く乾いてくれる(速乾力)に優れた繊維を使っているランニングウェアを選びましょう。

ランニングの服装!着心地も大事です

快適なランニングには、ウエアの着心地も大事です。

窮屈なウェアは、疲れを生んでしまいます。
走るためのエネルギーを、余計な事に奪われたくありません。

試着のポイント

着心地チェックのため、試着が大事です。
試着したら、柔軟運動の動きをしてみましょう

上半身は「肩がグルグル回せるか?」
下半身は「太ももがスムーズに動かせるか?」
とチェックしてみましょう。

ランニングの服装は?ウインドブレーカー

ランニングの服装について。
初心者が気をつけるポイントを、ウインドブレーカーでもチェックです。

ランニングウェアでカバー仕切れない部分を、ウインドブレーカーで補いましょう。

ランニングの服装!体温調整

体の熱が奪われてしまう日があります。
気温が低かったり、風が強い日ですね。

そんな時に、ウインドブレーカーで体を保温
パフォーマンスを維持しましょう。

ランニングの服装!軽いものを

ウインドブレーカーは、軽量のものを選びましょう。

ゴワゴワせずに、サラサラとした重みを感じないものです。

腰巻きでもOK

体が温まったら、ウインドブレーカーは腰に巻いてもOKです。

軽かったら、その時にもラクですね。

もう一度着用

ランニングの終盤に、ウインドブレーカーの着用が必要になる時があります。

体の疲れからスピードダウン。
それで体温が下がってきたらもう一度着用です。

ランニングの服装は?キャップ

ランニングの服装で、けっこう大事な役割を持つものがあります。
初心者が忘れがちなもの・・・。

そうです。
キャップです。

ランニングの時、キャップが体温調整に一役買ってくれるのです。

ランニングの服装!キャップで体温調整

「日差しがつよいなぁ・・・。」
「暑いね」

日差しは、私達の頭に直接やってきます。
頭が暑くなると、苦しいですね。

逆に、冷たい風は頭から体温を奪っていきます。
もちろん、雨も頭を冷やしてしまいます。

キャップが助けてくれる!

そんな体温変化を和らげてくれるのが、キャップです。

キャップが体温を維持し、熱中症や脱水症状にならないようにフォローしてくれるのです。

ランニングの服装!キャップで視界を守る

キャップの役割は、他にもあります。
それは、雨の日の視界の確保です。

目を細めなくても、キャップがあれば視界良好です。
顔をぬぐう事も少なくて済みます。

さらに、サングラスの装着で完璧です。

ランニングの服装は?その他のウエア

ランニングの服装、その他にも夜の安全確保手袋について見てみましょう。

夜の安全確保

夜の安全確保。

真っ黒な服装では、車のドライバーから発見されません。
危険ですね。

身を守るタスキ

そんな危険回避のためにオススメなのがタスキです。

ライトに反射する素材を使ったタスキが販売されています。
そのタスキで、ドライバーに早く見つけてもらいましょう。

手袋で保温

ランニング中、手袋で保温するの有効です。

特に、筆者のように手が冷える方。
体が温まっても、指先は冷えたまま・・・。

そんな場合は、手袋で指を守ってあげましょう。

あとがき

ランニング、楽しみたいですね。

ここまでお話したポイントを押さえながら、気分の上がるお洒落なウエアを探していただけたら、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA