バスケで身長が低い!武器になるのはコレです

「バスケやってて、身長が低いんだよな・・・。」
「なにか、武器になるものはないかな?」

バスケで身長が低いと、シュートの時にプレッシャーを感じます。
シュートブロックを恐れると、シュート成功率は下がってしまいますね。

そんな気持ちをなくす武器、それはスピードです。
スピードを生かし、クイックシュートで相手を翻弄(ほんろう)しましょう。

バスケで身長が低い!武器になるものは?

バスケで身長が低い。

それでもクイックシュートが打てれば、大きな武器になります。

身長が低い!それならスピードを

バスケで身長が低いプレーヤーに必要なものは、スピードです。

そのスピードはまず、横の動きです。
コートを縦横無尽に動き回り、相手を平面で圧倒します。

そして、見落としがちなのが縦の動きです。縦のスピードをアップすれば、相手からのシュートブロックを防ぐことが可能なのです。

相手の手がやってくる前にジャンプしてシュート!
それが、バスケのクイックシュートです。

クイックシュート!やり方は?

縦方向のスピードで勝負する、クイックシュート。

普段はボールを受けてから2歩でシュートしていると思います。
その歩数を1歩にしてみましょう。

右利きの場合を例にして具体的に。

1ステップでシュート!

右利きの場合、「左足、右足、シュート」。
そんな2歩のステップで、シュートを打ちますね。
ディフェンスも、そのタイミングに合わせてブロックに飛んできます。

それを、「両足、シュート!!」の1ステップに変えてしまいます。

シュートを打つまでのタイミングが、ワンテンポ早くなりましたね。
身長の高いプレイヤーも、ブロックが届かなくなる訳です。

パスから!ドリブルから!

パスをもらってからのクイックシュート
または、ドリブルからのクイックシュート

どちらもアリです。

パスから!

リングを確認しながら、パスを空中で受け取ります

着地は両足で・・・。
そのまま、ジャンプ!

ディフェンスが来る前にシュートを放ってしまいましょう。

ドリブルから!

ドリブルで、横にゆっくり動きます。
急にストップしてシュート

ドリブルからでも、タイミングを変えるクイックシュートが打てます。

バスケのクイックシュート!コツは?

クイックシュートのコツは体が横に流れないようにするという事です。

着地からのジャンプが、急なストップになるクイックシュートです。
ぼんやりとした気持ちで着地すると、体が横に流れながらシュートしてしまいます。

それでは、コントロールが定まりませんね。
ゴールを決められず、チームからの信頼を失ってしまいます。

しっかりと着地し、しっかりとジャンプしましょう。

そうすれば、スムーズに、力を抜いたシュートができます。

トランポリンのイメージで

「トランポリン?」

クイックシュートは、トランポリンのイメージで体を使いましょう。
しっかりと着地した両足をトランポリンの様に、床からの反動を生かしてジャンプ!

シュートしたボールは、身長の高いプレイヤーの頭上をゴールに向かいます。

ドリブルで抜き去る!

クイックシュートが決まると、次のオフェンスで有利になります。

相手ディフェンスは、警戒して距離を縮めてくるでしょう。
そうしたら、平面の勝負が楽になります。

今度は、ドリブルで抜き去るチャンスになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA